ゔぃじゅあるの窓。

〜元V系バンドマンのビジネス1年目〜音楽好きノマドワーカー22歳。パソコンとインターネットを使ってギターの先生をしてます。

書くネタが思い浮かばないときに使えるツイート量産方法。

神南のベローチェです。


静かで人が少ないカフェを
見つけたので今日はそこから
更新しています。

 

 

f:id:visual-nomad:20161122160122j:plain

 

 

天神南ベローチェです。

 

いまはここで、
Twitterを使った集客方法を
知りたい子にコンサルをしています。

 

 

その子は、
個人で営業をしている子です。

 

 

営業もバンドもお客さんがいないと
成立しないので、僕の集客コンサルは
とても役に立っているそうです。

 

 

は、今回は

Twitterのメイン機能である

ツイートについて紹介したいと思います。

 

 

 

「お客さんを呼ぶには普段から

 どういうツイートしたらいいですか?」

と、よく質問を受けます。

 

 

集客を意識して
ツイートするのって難しいですよね。

 

告知ばかりしても、
ノルマクリア、売上には繋がらない。

 

けれど、バンドのこと、告知以外の
ツイートをするにも
ネタが思い浮かばないですよね。

 

 

あるコツを意識するだけで、
あなたは毎日ツイートの内容を
考える必要はなくなります。

 

 

さらに、毎日ツイートを
続けることができると


以前の記事に書いたように
あなたの存在をフォロワーに
認識させることができます。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

visual-nomad.hatenablog.jp

 

 

 

すると、

あなたのツイートには
いいね、リプライが増えて、

フォローをすれば、
フォローが返ってくる率も
少しずつ上がっていきます。

 

 

そして、あなたのことを

「もっと知りたい!」

「どんな活動をしているのだろう?」

と、フォロワーに感じさせることが
できれば、ライブの集客に直結します。

 

 

 

では、フォロワーに

「もっと知りたい!」

「どんな活動をしてるのだろう?」

という気持ちを湧き出させる
秘密のコツをシェアします。

 

 

ツイートは

日常:バンド=3:7

 

 

 

日常系ツイートをする理由は単純です。

バンドとお客さんという関係性は
突き詰めると、「人対人」なんです。

 

 

「バンドとお客さん」という
遠い距離感でお客さんに向き合うから
フォロワーから興味を
もってもらえないんです。

 

あなたがどういう人間で
どういう食べ物が好きで
どんな生活を送っているのか。

 

 

遠慮せずにどんどん
日常を発信しましょう。

 

 

あなたという1人の人間に
興味をもってもらう必要があるんです。

 

 

あなたとの共通点が多いほど
話題が増えるので
お客さんはあなたと
話がしやすくなります。

 

 

お客さんから話しかけやすい環境を
あなたが作ってあげれば、
リプライ、DMの数も
どんどん増えていきます。

 

 

今日の夕飯の写真や
はじめて入ったお店の話、
メンバーとゲームした話。

 

もしあなたが大学生なら
大学の話をしてもいいと思います。

 

 

大学が同じだけで親近感が湧いて、
ライブに来やすいと思いませんか?

 

 

そして、

あなたがどんな人間なのかが
フォロワーに認識されてやっと
バンドの告知に興味を
持たせられるんです。

 

 

しかしながら、

多くのミュージシャンの
Twitterアカウントを見ると
ライブの告知がやたら多い印象
を受けます。

 

 

その告知のやりかたで
お客さんは集まっていますか?

 

 

ライブノルマは
クリアできていますか?

 

その日のライブは
1日のバイト代くらいの金額を
稼げていますか?

 

 

数字として現れていないなら
一度やりかたを見直してください。

 

 

 

そして、この記事を見て
少しでも納得できる部分があれば
実践していただけたらと思います。 

 

 

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

 

 

★おまけ★

Twitterでは、
人生を少しだけハッピーにする
ツイートをしています。

 

もしよかったら
覗いてみてくださいね(*^^*)

 

twitter.com