ゔぃじゅあるの窓。

〜元V系バンドマンのビジネス1年目〜音楽好きノマドワーカー22歳。パソコンとインターネットを使ってギターの先生をしてます。

「理想」を現実にする2つの「自由」。

葉には、
反対の意味をもつ言葉が存在します。

 

 

対義語と呼ばれるものです。

 

 

オモテとウラ。

 

上と下。

 

内と外。

 

 

器用に使い分けられると
最強な本音と建前。

 

 

 

今回は、言葉自体は身近だけれど
自分に置き換えると程遠い
自由という言葉についてシェアします。

 

 

f:id:visual-nomad:20161209030739j:plain

 

 

自由の反対の意味の言葉はなんでしょう?

 

 

 

 

 

自由ではない。

 

だから、不自由。

 

 

 

 

 

ちょっと待ってください。

 

 

 

不自由は、反対の意味ではありません。

 

 

 

自由をただ単に否定しただけです。

 

 

否定と反対は
意味が違います。

 

 

オモテの否定は、
ウラではないですよね?

 

オモテではないだけなので
側面かもしれません。

 

 

反対とは、
対立・逆の関係にあることです。

 

 

否定でないんです。

 

 

では、

 

 


自由の反対の意味とはなんでしょうか?

 

 

この自由の反対の意味を知ると
本当の自由がどういうものなのかを
理解することができます。

 

 

そしてあなたは、

あなたの理想を具体的に、
かつ、
簡単にイメージすることができます。

 

 

理想がない人間に成功はありません。

 

 

 

何かを得ることは、
到底不可能です。

 

 

自由の本当の意味を知るには、
自由の反対の意味を知りましょう

 

 

 

残念なことに、
僕があなたに伝えたい自由の意味を
説明できる言葉は、
日本語にはありません。

 

 

 

ですので、

 

自由を意味する英単語2つを紹介します。

 

 

直訳すると、どちらも自由を意味するのですが、
本質的なところで相反する言葉なんです。

 

 

 

それが、

 

 

Freedom(フリーダム)

Liberty(リバティ)

 

 

です。

 

 

フリーダムは、
自由を意味する言葉では
日本人には馴染み深いですよね。

 

 

ちなみに、フリーダムは
最初から自由な状態のことを指します。

 

 

すでに存在する自由です。

 

 

束縛されずに言論、表現、思想などを
表明できることや、

痛み、苦しみ、差別、飢餓などから
解放された状態のことです。

 

 

 

与えられた自由、
あるがままの自由。

 


受け身な自由が、フリーダムです。

 

 

ここに努力はありません。

 

 


いまの日本という国で生活している
あなたや僕たちは、まさしくフリーダムです。

 

 

 

では、リバティとは?

 

 

フリーダムと相反する自由です。

 

 

 

誰かと意見がぶつかってでも成し遂げたい。

 

 

強い意志の元で行動、
努力した先にある自由が、リバティ。

 

 

自由の女神は知っていますよね?

 

f:id:visual-nomad:20161209030554j:plain

自由の女神を英語にすると、
"the statue of liberty"と書きます。

 

 

自由の女神の自由は
フリーダムではなく、
リバティなんです。

 

 

  

アメリカは、
もともとイギリスに統治されていた
13の植民地はでした。

 

13の植民地は力を合わせて、
イギリスと戦争を起こし、
その1年後に独立宣言をし、
いまのアメリカ合衆国を作りました。

 

 

 

イギリスから独立をして
誰にも支配されない、
本当の自由を手に入れたんです。

 

 

イギリスの植民地という支配される立場から、
独立戦争という革命を起こし、

アメリカ合衆国という
国家を手に入れたんです。

 

 

 

誰かとぶつかってでも成し遂げたい。

 

強い意志の元で行動、
努力した先にある自由が、リバティ。

 

 

 

リバティ=理想の未来です。

 

 

 

あなたは一生をかけて、
絶対に成功させたい夢や
成し遂げたいことはありますか?

 

 

ない人間は、
絶対に存在しません。

 

 

もしそれがない人間は、

ただの生きる屍です。

 

 

 例えば、 

 

バイトでは、定時近くになったら
「あと2分…あと1分」…と
チラチラ時計を見て、
秒針が1周するのを待つ。

 

 

ただ普通に帰宅することが、
楽しみになってますよね。

 

 

多くの人は、家に帰れば、
翌日も学校、会社、バイトが
待っている、同じような毎日。

 

 

 

同じ毎日の繰り返しは、
果たして本当の意味で自由でしょうか?

 

 

 

以前の記事で、現在は過去の延長であり、
未来は何もしなければ、現在の延長で
未来=現在の延長=過去の延長
という話を書いてます。

 

 

(※リンクは、記事下部に載せてます。)

 

 

 

変化の無い毎日を続けた先にあるのは、
あなたの理想とする未来ではなく、
95%同じで、残り5%が
ちょっと豊かになった未来です。

 

 

具体的には、
仲のいい大学の先輩や、
職場の上司の今の生活です。

 

 

 

僕が社会人をしていたときの上司は、
元バンドマンがたくさんいました。

 

いまではバンドもできずに、 
23時、24時まで会社に残っている
人もいました。

 

 

 

働きながらバンド活動をしていた
当時の自分には、

 

自分が武道館でライブをしているイメージよりも
バンドを辞めて、上司と同じように遅くまで
残業をする生活の方が何百倍も具体的に
イメージできてしまったんです…

 

 

だから、僕は未来を変えるために、
理想の未来を手に入れるために
自分の力で生きていく道を選んだんです。

 

 

 

いま一度考えてみてください。

 

 

いま現在のあなたに、
リバティのイメージはありますか?

 

 

なければ、出て来るまで脳ミソを
フル活用して生み出してください。

 

 

どんなことでも構いません。

 

 

例えば、
毎日、たい焼きを食べる生活。

 

毎晩女をとっかえひっかえする生活。

 

 

十分にリバティのイメージと思います。

 

 

そして、

そのイメージを現実にするために
何をすべきか、
自分なりでいいので考えてください。

 

 

 

ちなみに、僕のリバティは、
月収1000万のバンドマンです。

 

新幹線で全国ツアーをしたり、
バンをふわふわのシートにして
ストレスレスな移動をしたいです。

 

そのためには、
自分で事業とバンドを
成功させなければなりません。

 

 

バンドも商売です。

 

 

まずは、事業を成功させて、
十分な軍資金を得てから
新しい事業=バンドをスタートさせます。

 

 

 

 

夢は大きく。

 

一緒に夢をたくさん語って、
一緒に夢を叶える男になりましょう。

 

 

いま僕は、夢を語れる仲間と、
お互いに尊敬、応援し合える人々と
夢に向かって走っています。

 

 

 

あなたが理想の未来、リバティを得る方法や
理想の未来、リバティの見つけ方が
わからないなら遠慮せずに、
僕に連絡をください。

 

 

あなたの力になれるヒントを
きっと渡せるはずです。

 

 

 

それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

  

 

★おまけ1★

 

>>メッセージはこちらから!!<<

 

★おまけ2★

 

現在は過去の延長であり、
未来は何もしなければ、現在の延長で
未来=現在の延長=過去の延長の記事です。

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

visual-nomad.hatenablog.jp

  

 

広告を非表示にする