ゔぃじゅあるの窓。

〜元V系バンドマンのビジネス1年目〜音楽好きノマドワーカー22歳。パソコンとインターネットを使ってギターの先生をしてます。

あなたをより多くの人に知ってもらう方法。

ンドで売れるためには、
たくさんのファンが必要ですよね。

 

ファンは、
あなたのことを応援してくれる存在であり、
バンドのことをメンバーと同じレベルで
考えているので、厳しい意見もくれます。

 

f:id:visual-nomad:20161201013427j:plain

 

 

ファンの期待に答え続ける
=バンドの成長

 

と僕は考えています。

 

 

そんなバンド思いのファンが
たくさんいれば、
ライブノルマやグッズの売上を
安定させることができます。

 

 

バンド全体の売上、ファンの数を
把握できるようのなれば
主催ライブ、ワンマンライブ
企画することだって可能です!

 

 

ライブハウスにお客さんが何人きて、
1回のライブで売上が何円でるのかが
予測できれば、
思い切ってライブを企画できます。

 

 

ファンは、資産です。

 

 

もしファンがいない状態で、
主催ライブを企画すると、
トリの時間には、
お客さんのほとんどが帰宅済み。

 

客席のほとんどが出演バンドのメンバー。

 

「ライブやる意味あるんだろうか…?」
虚しい結果に終わってしまいます。

 

 

実際に虚しい結果を
僕も経験したことがあります。

 

 

300人キャパのライブハウスの
バンドイベントに出演したときです。

 

主催ライブではなかったものの
イベンターとバンドの集客能力が
なかったためにステージの幕が降りて
確認できたお客さんの数は、

 

たったの5人。

 

 

僕の友達とその友達の彼女と
興味本位で残った酔っぱらいのおじさん
他のバンドのメンバーが2人…。

 

 

前日に新調したライブ用の衣装を着て、
ほかバンドのリハーサルの合間に
髪の毛をセットして、顔にメイクして
やる気満々でステージに上がったのに、

 

客席の光景をみて、

「あれ?僕はなんで8000円もする
ライブノルマを支払って、
気合入れて準備してたのに
何のためにライブしてるんだろう?」

 

と、喪失感でいっぱいになりました。

 

僕と同じような経験はバンドをしていれば、
ほぼ全員の人が経験するはずです。

 

 

次のライブに繋がらず、
悲しい結果になってしまうでしょう。

 

ファンさえいれば…

 

せめてファンとは言わず、
TwitterYouTubeから
あなたのライブを興味本位で
見に来てくれたお客さんがいれば…

 

ライブは、バンドの魅力を
一番伝えることができる手段です。

 

CDでは感じられない、重低音、音圧

生演奏でしか出せないライブ感

そして、CD、DVDには入っていない
ボーカルのMC

 

あなたの魅力、バンドの魅力を伝える
武器はたくさんあるんです。

 

 

より多くのファンを作るためには、
ライブに来てくれるお客さんを
増やさないといけません。

 

お客さんは、あなたが発信している情報、活動に
興味を持ったからライブに来てくれるのです。

 

 

つまり、より多くのお客さんを
ライブに呼ぶためには、

あなたが発信している情報、活動を
より多くの人に見てもらう

必要があるんです!

 

 

ここで、活用できるのが、
Twitterのフォロー機能です!!

 

 

フォロー機能は、Twitterの機能の中で
唯一、無関係なアカウントへ
積極的にアプローチできる機能です。

 

 

あなたのバンドのターゲットを検索し、
フォローしまくれば、
フォローを返してくれるアカウントは
必ず存在します。

 

 

 

お互いにフォロー状態であれば、
よほどの理由がない限り、
フォローを外されることはないでしょう。

 

 

考え方を変えると、

フォロワーがあなたをフォロー解除しない限り、
あなたのツイート、バンドのライブ告知は
そのフォロワーのタイムライン上に
半永久的に表示されるということです。

 

 

ターゲットフォロワーが
Twitterを見る時間にツイート、
フォローをすれば、

あなたのターゲットフォロワー全員の
タイムライン上に
あなたのツイートが表示されます。

 

 

例えば、
ライブの告知ツイートをするとしましょう。

 

文章も画像もしっかり考えた
告知ツイートです。

 

見方を変えると、この告知ツイートは
ライブイベントの広告です。

 

たった30分〜1時間のフォローで
あなたのターゲットに広告を流せるんです。

 

しかも、無料で!
お互いにフォローされていたら
半永久的に!

 

 

普通に考えたら、やばくないですか?!

 

 


いまも広告の手段として使われている
ビラ配りと同じことをしているんです。

 

ビラ配りは、音楽が好きかどうかもわからない
ただの通行人にチラシを配る広告の手段です。

 

チラシ代もかかります。

 

対する、フォローとツイート。


あなたや、あなたのバンドに
興味があるとわかっている人
無料で広告を半永久的に流せる方法です。

 

たった30分〜1時間の作業なので
効率もコストパフォーマンスもいいですよね。

 

 

では、今回のフォロー機能の話を踏まえて、
フォローの大切さはわかったと思います。

 

この記事を読んで、
「俺はフォローは絶対にしない。」という
固いポリシーがあなたにあるなら、
フォローしなくていいと思います。

 

強制ではありません。

 

ただ、Twitterマーケティング
基本の基の基がフォローなので
バンドマンのあなたにオススメしているだけです。

 

 

行動は、必ず結果に繋がります。

 

f:id:visual-nomad:20161201013123j:plain

 

 

逆に、行動しないと、
何も結果は生まれません。

現状は変わりません。

現状維持は、「停滞」を意味します。

 


「フォローする」ボタンを押すという
いますぐできて、猿でもできるような
誰でもできる簡単な作業。

 

 

あなたを、あなたのバンドのことを
1人でも多くの人に知ってもらい、

ライブに来てくれるお客さんを
1人でも多く呼びたいのであれば

フォロー機能を使わない手はないと思います。

 

 

それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする