ゔぃじゅあるの窓。

〜元V系バンドマンのビジネス1年目〜音楽好きノマドワーカー22歳。パソコンとインターネットを使ってギターの先生をしてます。

バンド向け最強マーケティング

ンテンツマーケティングという
言葉を聞いたことはありますか?

 

 

 

企業でも個人事業でも使われている
マーケティング手法の1つです。

 

 

コンテンツマーケティング
実は、バンド活動と相性バツグン
マーケティング手法です。

 

 

コンテンツマーケティングを勉強すると、

どんな活動をすれば、集客につながるのか、
熱狂的ファン製造術など、
次々と浮かんでくるようになります。

 

 

 

つまり、コンテンツマーケティング
バンドやライブの魅力を伝える武器が増え、
他のバンドと差別化を測ることができます。

 

 

また、ライブ終了後でも、
他バンド動員のお客さんにアプローチができるので
次回のライブから、あなたのバンド動員になる
可能性があります。

 

 

 

では、
このコンテンツマーケティングとは
具体的にどんなマーケティング手法なのか
というと、

 

 

無料のコンテンツを製作、発信し、
お客さんにあなたのバンドに
興味関心を
もってもらうという手法です。

 

 

f:id:visual-nomad:20161204230450j:plain

 

 

つまり、

コンテンツマーケティングを使わずに
バンド活動をするということは、
あなたのバンドに興味のあるお客さんを
進んで取りこぼしているということです。

 

 

 

駅前で終電を逃している人に気づかず、
そのまま素通りをしてしまう
タクシー運転手と同じです。

 

 

 

もったいないですよね?

 

 

 

あなたに、コンテンツマーケティング
重要性を知ってもらいたくて
ある事例を紹介したいと思います。

 

 

 

 

プリカというアパレル会社があります。

 

 

プリカは、
結婚式や祝い事で着るドレスの
レンタル・販売をしている企業です。

 

 

コンテンツマーケティング
自社サイトに取り入れてからの売上が
なんと前年比の3倍以上

 

 

WEBからの申込みが、
毎月250件来るそうです。

 

 

WEBからの申込みが毎月250件を
バンドで考えるとすごいですよね。

 

 

毎月250人動員できるわけです。

 

 

チケット1枚¥2,000として
売上は、¥500,000

 

そこに、グッズの売上が加算されると
月の売上は、
ものすごい金額になりますね。

 

 

バンドだけで
生活していくことも可能です。

 

 

では、
コンテンツマーケティングですが
具体的にどういうことをしたらいいのか
お話していきます。

 

コンテンツマーケティング

 

無料のコンテンツを製作、発信し、
お客さんにあなたのバンドに
興味関心を
もってもらう手法

 

と、お話しました。

 

無料のコンテンツを製作し発信する。

 

 

バンド活動で身近なのは、
PVやMVです。

 

 

ほぼ100%の有名なバンドは
YouTubeで無料公開しています。

 

 

PV・MVは、動画だけで、
バンドの世界観、楽曲を伝えられる
非常にすぐれたツールです。

 

 

 

PVやMVを見て、
バンドに興味を持ったお客さんが
CDやDVDを買ったり、
ライブに来るわけですよね。

 

 

 

立派なコンテンツマーケティングです。

 

 

 

ただし、

 

このPV、MVの製作は
非常にコストがかかるんです。

 

 

楽曲のレコーディングをして
動画撮影・編集をするわけです。

 

 

クオリティを求めると
衣装や演出にもお金がかかるので
平気で¥300,000〜¥500,000は、
PV製作にはコストがかかります。

 

 

僕の知り合いのV系バンドは
PV製作に¥400,000ほど
かかったらしいです。

 

 

実際のところ、
売上につながるかわからないし、
つながっても、¥300,000以上のコストを
回収することは難しいですよね?

 

 

そこで、どんなバンドでもすぐできる
コンテンツ製作、発信方法をシェアします。

 

 

 

前回のライブ映像を
どんどん公開してください。

 

 

どんどんライブ映像は、
YouTubeで公開してください。

 

 

ライブ映像を見て、
「このバンドいいな!」って思って
ライブに来てくれたらいいじゃないですか。

 

 

チケットノルマも回収できるし、
ファンになる確率も高いです。

 

 

売れているバンドが
なぜライブ映像を公開しないのかというと
バンドの売上が、下がるからなんです。

 

 

売れているバンドは
ツアーのライブ映像をまとめて
DVDにして売ります。

 

 

もし、ライブ映像を公開していると、
DVDの価値がなくなってしまいます。

 

 

ですので、会場内は
撮影禁止でもあるんです。

 

 

しかし、あなたのバンドの規模では
ライブDVDを販売しても
製作費の回収は難しいですよね。

 

 

利用できるものは、
どんどん利用しましょう。

 

 

ライブの日なら
ライブ映像、リハーサル風景、楽屋風景。

 

普段なら、スタジオリハーサルの風景、
メンバー同士での交流会。

 

無料音源配布もいいですね。

 

 

興味をもってもらうために
動画でも写真でも
なんでもコンテンツにして
発信しましょう。

 

 

小さな積み重ねが
あなたのライブ動員数、
ファンの数という数字で
結果にでます。

 

 

アパレル企業が取り組んで
月間250件の受注を受けた
コンテンツマーケティングです。

 

 

バンドそのものが
コンテンツです。

 

 

 

ライブハウスでのライブや
アルバム、DVDを
有料コンテンツとするならば、

 

過去のライブ映像や練習風景、
無料配布音源は
無料コンテンツです。

 

 

 

あなたのバンドを
試食してもらうイメージ。

 

 

いろんな試食を
お客さんにしてもらいましょう。

 

 

そして、
興味があればライブに来てくれます。

 

あなたのバンドから
チケットを買ってくれます。 

 

 

CDを買ってくれます。

 

 

ファンにもなります。

 

 

もし少しでも、この手法に
ピンと来たのであれば、
前回のライブ映像をYouTube
アップロードしてください。

 

そして、TwitterなどのSNS
リンクを投稿してください。

 

ここで見てくれる人や、
応援してくれる人がいるはずです。

 

その人たちのために
コンテンツを考えてみてください。

 

 

それでは、最後まで
お読み頂きありがとうございました。