Visual Nomad

元V系バンドマン→コピーライター(24)すべての若い世代へ、成功へのロードマップを配信|副業|音楽|マインドセット|暗号通貨|

人付き合いが苦手でもコミュ力をあげる方法

人 苦手 コミュ力

 

りょーちんです

 

今回は、
コミュ力をあげる方法」
についてお話しします。

 

 

もしあなたが、
日頃からアポイントを取る仕事…

 

例えば、営業や紹介業
ネットワークビジネスをしていたり



叶えたい夢や目標のために
人脈が必要だけれど

 

思うような求めている人に
出会えていないのであれば

 

今回の方法は
きっと役にたつはずです。




もしこの方法を知らないと
「言葉のキャッチボール」が
成立しにくくなります。

 

会話が続かない、という
人付き合いで
もっとも気まずい瞬間を
何度も経験してしまうでしょう。



僕は周りから

 

・口下手な人

・一緒にいても
 おもしろくない人

・人見知り、コミュ障

・内向的な人



という、

 

人間関係において
マイナスの印象を
持たれていました。




ただ、

この方法に気づいてからは、


はじめましての人であったり
どんなに年齢が離れている人でも

すぐに仲良くなることが
できるようになりました。



あなたは年上からは
とても可愛がられ、

後輩や仲間からは
尊敬されるようになります。



人間関係では、
素敵な人の紹介が
生まれやすくなり、

 

営業では、
お客さんの心に
安心して一歩
踏み込むことができます

 

あなたは自分自身に
もっと自信を持つことが
出来るようになります。




その方法とは、



「相手と自分の共通点を探すこと」



です。



本に書いてあるような心理学や
特別なテンプレートを使うことも

 

相手をおだてるようなことは
一切必要ありません。



ただ自分と相手の同じところ、
これだけを探してください。



なぜなら、

 

共通点が多ければ多いほど

人間は仲間意識を持つ
生き物だからです。




共通点の探し方



共通点を探す

=相手の情報を引き出すこと。

 

と思ってください。



情報を引き出すには

まず、質問をしましょう!



「何歳なんですか?」

「どこ出身なんですか?」

「趣味とかありますか?」

「普段どんな仕事してるんですか?」

「好きなスポーツとかありますか?」

 

ここでのコツは、
相手が
Yes or No で
答えら
れるような
質問はしないこと。

 

 

《よくないパターン》

 

あなた「25歳なんですか?」
相 手「はい。」

 

《よいパターン》

あなた「何歳なんですか?」

相 手「25歳ですよー!」

あなた「え、もしかして同い年ですか?」

相 手「そうですよ!嬉しいです!」

 

「同い年」という共通点が見つかります


20代前半というくくりだったり
相手が年上なら干支で共通点を
つなげてもいいかもしれません

 

他にも、

 

あなた「趣味ってなんですか?」

相 手「旅行です」 

あなた「海外とかよくいくんですか?」

相 手「いきますよー!
こないだハワイとか行きました!」

あなた「ハワイいいですね!
僕はオーストラリアに行きました!」

相 手「オーストラリアって
どうなんですか??」

・・・

 

 

のように共通点があると
質問だけでも十分に話が膨らみますし
自然と会話が楽しめると思いませんか?



コミュ力の有る無いは、
質問力があるかどうかです。




質問をたくさんして、
相手のプロフィールや
趣味や好きなことがわかると

 

コミュニケーションを
取ることはとっても簡単です。



是非一度やってみてください!

 

 

P.S.



ビジネスをしている人は、
アポイントで
相手のニーズがわからないときは



「●●さんは、
 将来やりたいこととか
 あるんですか?」

 

って思い切って
聞いてみてください。



ここはあえて
Yes or Noの質問。



Yes の場合

「そうなんですか!
 どんなことですか?」

 

※相手に喋らせるように

 促すのがポイント!



No の場合

「そうなんですね-!
 でも、趣味とか毎日できる生活とか
 良くないですか??
 僕はそんな生活送りたいんですよね~!」

 

※相手に明確なビジョンがなければ
誘導しつつ、
相手が「いま楽しいと思っていること」を
引き出してあげる。



ちょっとしたテクニックは
知ってるか知らないか、

そして、
日頃から使っているかどうかの違いです

 

最初からうまくいく人はいないので
すこしずつトライして、

日ごろの活動や生活に
役立ててくださいね!



それでは、
最後までお読みいただき
ありがとうございました



りょーちん